ニューヨーク 給食
まだ食べられるにもかかわらずさまざまな理由で廃棄されてしまう食品は多く、「食品ロス」として問題視されている。 実際に、国際連合食糧農業機関(FAO)の報告によると、世界では食料生産量の3分の1に当たる約13億トンの食料が […]
サステナブルツーリズム
コロナ禍を経て観光を取り巻く状況が大きく変化し、新たな旅のトレンドとして「エコツーリズム」や「サステナブル・ツーリズム(持続可能な観光)」を推進する動きが世界各地で活発になっている。国内でも、日本政府観光局(JNTO)が […]
ヴィーガン タコ
タコは、日本を始めとしてヨーロッパやアジアで日常的に食べられている魚介類のひとつだ。2021年11月には、イギリス政府がタコを含む十脚目および頭足類を「感性のある動物」として、アニマルウェルフェアの観点から動物福祉(感覚 […]
価値観やライフスタイルの変化に伴い、社会の消費行動は多様化している。モノを購入して所有するのではなく、共有することも選択肢のひとつだ。 なかでも新たな消費モデルとして、サブスクリプション・サービス、いわゆるサブスクの市場 […]
バリアフリー
身体に障害を抱える人にとって、行きたい場所がバリアフリーに対応しているかどうかは重要な問題だ。 しかし、地域単位、ひいては店舗単位では、障害者に対する接客を含めたバリアフリーへの理解が進んでいないケースもあるようだ。たと […]
フェアトレードレストラン
発展途上国の生産者や労働者の生活改善と自立に向けて、フェアトレードの仕組みが注目されている。フェアトレードは、発展途上国の農産物生産者や労働者に公正な報酬を提供し、持続可能な農業と生産を支援する仕組みだ。 日本国内でも、 […]
日本ユニセフ
コーヒーやチョコレートは、飲食店でよく提供されるメニューだ。しかし、その原料となるコーヒー豆やカカオ豆を栽培する過程での「児童労働」が深刻な問題となっている。 実際に、カカオ産地の農業世帯では、約45%もの子どもたちが児 […]
紙コップ
飲食店の持ち帰り容器や包装材、ホテルのアメニティなど、身の回りには使い捨てプラスチックが溢れている。2019年の使い捨てプラスチックの廃棄量は、世界全体で約1億3000万トンにのぼった。そのうち、日本の年間総廃棄量は43 […]
グランドニッコー 台場
昨今の日本で対応が急がれている、建築物のバリアフリー化。急速に進む高齢化だけでなく、障害者差別解消法の施行や訪日外国人旅行者の増加に伴い、誰もが利用しやすい環境の整備が必要となっている。特にホテルや旅館といった宿泊施設で […]