いま、世界で生産される食料のうち3分の1が食べられることなく破棄されている。中国社会科学院の研究によると、中国の主要都市の飲食店では、年間1,800万トンの食品が廃棄されており、これは年間で3,000万人〜5,000万人 […]
「レストランのサーキュラーエコノミーを考える」特集の第3回目は、レストランの「お店づくり」の視点から、循環するレストランのあり方について考えていく。 技術サイクルについて理解する 前回の「レストランのサーキュラーエコノミ […]
「レストランのサーキュラーエコノミーを考える」特集の第2回目は、レストランにとって欠かせない「食材」の視点から、循環するレストランのあり方について考えていく。 生物サイクルについて理解する 第1回目で、英国のサーキュラー […]
食品ロスゼロのフルコース。ZENBとホテルニューオータニが期間限定でコラボメニューを提供開始
近年、世界中でSDGsをはじめとする「持続可能な社会」を目指した取り組みに向けたステークホルダー間のコラボレーションが推進されている。そんななか、愛知県半田市に本拠を置くミツカングループの株式会社ZENB JAPAN(ゼ […]
キッチンから出る食品廃棄を自動で識別。ロス削減につなげるAIシステム「Winnow Vision」
日本では、まだ食べられるにもかかわらず廃棄されてしまう食品、いわゆる「食品ロス」の量が年間612万トンにも及ぶ(2018年)。そのうち外食産業や食品製造業などから発生する事業系食品ロスは、328万トンだ。 食品ロスは焼却 […]
廃棄されるコーヒーパルプで森林の再生を加速
ハワイ大学マノワ校の研究者は、コーヒーを生産する際に取り除かれる果肉「コーヒーパルプ」が熱帯林の回復に役立つことを発表した。 国際連合食糧農業機関(FAO)によると、世界の森林面積は約40億haであり、陸地面積の約3割を […]