今、世界で栄養失調や貧困に直面している慢性飢餓人口は、2022年時点で約8億4,200万人と、2014年以降増加に転じている。慢性飢餓人口の約8割は開発途上国の農村部に暮らし、1日当たり1.90ドル以下で生活する貧困層。 […]
コロナ禍における外食は、それ以前と比べてどのように変化しているのだろうか。2020年11月に、日本政策金融公庫が実施した「コロナ禍における外食・お店選びに関する意識調査」では、解答者の半数以上が「遠出せずに自宅・職場の近 […]
製紙業界では「低炭素社会実行計画」を策定し、そのなかで化石エネルギー由来のCO2削減目標に向けて活動を実施している。その結果、2030年度計画(2013年度 比395万t削減)に向けて順調に推移している。さらに政府が表明 […]
輸送におけるCO2の削減や食品ロス削減、顧客満足度の向上、地域とのつながりの強化などさまざまな効果が期待できる「地産地消」の取り組み。最近では、多くのホテルやレストランで地産地消の食材の採用やメニュー開発がはじまっている […]
近年、食のサステナビリティの現状が問題視されている。自然と土壌を犠牲にして大量の作物を生産し、大量のエネルギーを使って輸送し、大量に消費・廃棄することで、人間の健康と気候危機に悪影響を及ぼしている。 こうした従来の食のシ […]
持続可能な開発目標であるSDGsの取り組みの推進とともに、サステナビリティの重要性が多くの飲食店やレストランでも認識されはじめている。なかでも、国内の地域で生産された農林水産物を、生産された地域内で消費する取り組みである […]