まだ食べられる食品が捨てられてしまう食品ロス。2020年の生活者意識調査では、「コロナ禍で社会と自分の暮らしがつながっていると実感した」ことで、人々のサステナビリティ意識が高まっていることが明らかになっている。一人ひとり […]
輸送におけるCO2の削減や食品ロス削減、顧客満足度の向上、地域とのつながりの強化などさまざまな効果が期待できる「地産地消」の取り組み。最近では、多くのホテルやレストランで地産地消の食材の採用やメニュー開発がはじまっている […]
近年、食のサステナビリティの現状が問題視されている。自然と土壌を犠牲にして大量の作物を生産し、大量のエネルギーを使って輸送し、大量に消費・廃棄することで、人間の健康と気候危機に悪影響を及ぼしている。 こうした従来の食のシ […]
廃棄物の素材を生かしながらデザインやアイデアによって新たな価値を与え、元の状態より価値を高める「アップサイクル」。大量生産・大量消費の現代の消費活動から、持続可能な循環社会への移行が求められている今だからこそ、特に注目さ […]
持続可能な開発目標であるSDGsの取り組みの推進とともに、サステナビリティの重要性が多くの飲食店やレストランでも認識されはじめている。なかでも、国内の地域で生産された農林水産物を、生産された地域内で消費する取り組みである […]
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、飲酒を取り巻く環境が大きく変化している。第一生命経済研究所が2022年2月に公開したレポートによると、コロナ禍で外食での飲食の機会が大幅に減ったことで、国内における酒関連の支出金額が大 […]
近年、培養肉の研究が世界中で進められている。培養肉とは、鶏や牛等の家畜の細胞を、体外で組織培養することによって得られた肉のこと。家畜を飼育するのに比べ、地球環境に与える負荷が低く、広い土地の必要がないなどの利点があるため […]
食のあり方や、飲食業界のあり方を変えていくため、より多くの飲食店・レストランがサステナビリティに配慮した運営ができるよう支援している団体がある。英国に本部があるSRA(SUSTAINABLE RESTAURANT ASS […]