日本人にとっては寿司や刺身で馴染み深いマグロが、近年、米国やアジア諸国でも人気の食材となっている。2007年に合計8万トン強だった海外での生鮮マグロの消費量は、2011年には15万トンに増えているという。 こうした需要の […]
世界には、飢餓や貧困によって深刻な食料危機に陥っている国が多く見られる。SDGsの1番目の目標「貧困をなくそう」や2番目の目標「飢餓をゼロに」を達成するためには、国際的な対策が必要だ。また、世界人口の増加傾向も、食料問題 […]
近年、世界中で関心が高まる「培養肉」。培養肉とは、鶏や牛などの家畜の細胞を体外で組織培養することによって作られる肉のことだ。2020年には、アメリカのフードテック企業「Eat Just」がシンガポール政府から世界で初めて […]
「細胞農業」が、サステナブルな食料生産方法として関心を集めている。「セルアグリ」とも呼ばれる細胞農業は、従来の家畜や水産資源などに比べて、特定の細胞を培養することで収穫できるため、効率的な生産が可能だ。 世界23か国で1 […]
プラントベース(植物性)食品業界を支援するアメリカの団体・Plant Based Foods Associationの調査によると、2021年に米国での植物性食品の売上は6.2%成長し、市場総額は過去最高の74億ドルに及 […]
ドイツ発祥のビアレストラングループ「Schmatz(シュマッツ)」は、2022年7月20日より東京と横浜の計4店舗にて、プラントベース(植物性)チキン「TiNDLE」を使った期間限定スペシャルメニューを提供する。 この投 […]
消費者の命を脅かす危険もある、食品アレルギー。消費者庁は2021年に「加工食品のアレルギー表示ハンドブック」を作成。飲食店で食品を提供する際に、メニューやホームページに特定原材料を表示したり、研修でスタッフに周知するなど […]
近年、動物愛護の観点や環境問題に対する意識の高まりから「アニマルウェルフェア」や「アニマルフレンドリー」といった家畜福祉の考えが広まりつつある。日本でも2021年8月に、内閣府の食堂で使用する卵が100%ケージフリーエッ […]
今、世界中の多くの人々が飢餓の危機に瀕している。G8(主要国首脳会議)によると、アフリカでは深刻な飢餓に直面している人が約4,000万人にものぼるという。また、WFP(世界食糧計画)は、アフリカで120万トンの食糧不足が […]