2022年11月中に全世界の人口が80億人に到達する、という国連の報告を目にした方も多いだろう。2050年には97億人に達すると予想されている。こうした人口増加に伴い、動物性タンパク質の供給源となる畜産動物や、その食料と […]
農林水産省は2019年「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律(食品リサイクル法)の」基本方針において、「食品関連事業者から発生する事業系食品ロスを2000年度比で2030年度までに半減させる」ことを目標に掲げた。 […]
コロナ禍における外食は、それ以前と比べてどのように変化しているのだろうか。2020年11月に、日本政策金融公庫が実施した「コロナ禍における外食・お店選びに関する意識調査」では、解答者の半数以上が「遠出せずに自宅・職場の近 […]
「食品ロス」「フードロス」の認知度は、年々増加傾向にある。消費者庁による調査によると、食品ロスを減らす取り組みとして67.4%と最も多いのは「残さず食べる」こと。 買い過ぎないことや食べ切る工夫に注目が集まるなか、取り組 […]
地球環境と食の関わりは深く、特に近年「フードロス」や「フードマイレージ」という概念への認知が急速に広がりを見せている。 農林水産省が全国の満18歳以上の男女5,000人を対象に行った「フードロスに対する意識調査」では約8 […]
近年、カーボンニュートラルや、脱炭素社会実現への意識が高まっている。2021年3月19日に、内閣府が公開した「気候変動に関わる世論調査」では、“「脱炭素社会」の実現に向け、一人一人が二酸化炭素などの排出を減らす取組につい […]
今、日本の17歳以下のこどものうち、7人に1人は貧困状態にあるという。飽食の時代とも言われる現代の日本で、にわかには信じがたい数字かもしれない。近年、広がりを見せている「子ども食堂」は、そうした子どもたちへ温かい食事や居 […]
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、消費者の意識にさまざまな影響が及んでいる。2020年10月の意識調査によると、新型コロナウイルス感染症の流行の前に比べて環境問題や環境に配慮した持続可能な暮らしに、より関心を持つように […]