2024年1日1日、石川県能登地方を震源とする「令和6年能登半島地震」が発生。地震の影響を受け、5カ月以上が経過した今もなお多くの人が不自由な生活を強いられている。 政府は2024年4月23日、今年度予算の予備費からおよ […]
NEW ENERGY TOKYO
サステナブルな社会の実現のために、各々の活動と合わせて重要視されているのが、業界を超えての取り組みだ。近年ではさまざまな視点や知識を持つ人々が共に取り組むことでシナジー効果が生まれた事例も注目されている。 【関連記事】 […]
近年、世界的なサステナブル意識の高まりに伴い、人々の食の選択にも変化があらわれている。 2023年2月に発表された株式会社電通の調査レポートによると、約半数(47.3%)の人が「できるだけ環境に配慮して作られた食べものを […]
ボナース米
コロナ禍を経て、サステナビリティに対する人々の意識が急速に高まるなか、「サーキュラーエコノミー(循環型経済)」という概念が注目を集めている。サーキュラーエコノミーとは、製品などの生産過程から廃棄物や汚染が出ない設計を行い […]
2021年7月12日に国際連合経済社会局(DESA)が発表した「世界の食料安全保障と栄養の現状」によると、世界の飢餓が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴う景気の悪化などが要因で、2020年を境に世界の […]
近年、地球温暖化や海洋汚染、森林破壊など、年々深刻化する地球環境問題が顕在化している。こうした諸課題の解決策として、新たな経済システム「サーキュラーエコノミー」に注目が集まっている。 これまで当然としてきた大量生産・大量 […]
まだ食べられる食品が捨てられてしまう食品ロス。2020年の生活者意識調査では、「コロナ禍で社会と自分の暮らしがつながっていると実感した」ことで、人々のサステナビリティ意識が高まっていることが明らかになっている。一人ひとり […]
輸送におけるCO2の削減や食品ロス削減、顧客満足度の向上、地域とのつながりの強化などさまざまな効果が期待できる「地産地消」の取り組み。最近では、多くのホテルやレストランで地産地消の食材の採用やメニュー開発がはじまっている […]