近年、地球温暖化や海洋汚染、森林破壊など、年々深刻化する地球環境問題が顕在化している。こうした諸課題の解決策として、新たな経済システム「サーキュラーエコノミー」に注目が集まっている。 これまで当然としてきた大量生産・大量 […]
まだ食べられる食品が捨てられてしまう食品ロス。2020年の生活者意識調査では、「コロナ禍で社会と自分の暮らしがつながっていると実感した」ことで、人々のサステナビリティ意識が高まっていることが明らかになっている。一人ひとり […]
輸送におけるCO2の削減や食品ロス削減、顧客満足度の向上、地域とのつながりの強化などさまざまな効果が期待できる「地産地消」の取り組み。最近では、多くのホテルやレストランで地産地消の食材の採用やメニュー開発がはじまっている […]
近年、食のサステナビリティの現状が問題視されている。自然と土壌を犠牲にして大量の作物を生産し、大量のエネルギーを使って輸送し、大量に消費・廃棄することで、人間の健康と気候危機に悪影響を及ぼしている。 こうした従来の食のシ […]
廃棄物の素材を生かしながらデザインやアイデアによって新たな価値を与え、元の状態より価値を高める「アップサイクル」。大量生産・大量消費の現代の消費活動から、持続可能な循環社会への移行が求められている今だからこそ、特に注目さ […]
持続可能な開発目標であるSDGsの取り組みの推進とともに、サステナビリティの重要性が多くの飲食店やレストランでも認識されはじめている。なかでも、国内の地域で生産された農林水産物を、生産された地域内で消費する取り組みである […]
近年、大量生産・大量消費・大量廃棄型の経済システムが限界を迎えるなかで、世界では資源を使い捨てることなく使い続ける「サーキュラ―エコノミー(循環経済)」の考え方が注目を集めている。2015年9月に国連で採択されたSDGs […]
当ウェブメディアを運営する陶磁器メーカーのニッコー株式会社(以下、ニッコー)が制作する「#Single use Planet(シングルユースプラネット)」マグカップが、2022年2月に「テーブルウェアインターナショナル・ […]
「異彩を、放て。」をミッションに掲げる福祉実験ユニット、株式会社ヘラルボニーは2022年1月31日(異彩/イサイの日)に「ライフスタイルブランド」を立ち上げた。これにより自社ブランド「HERALBONY」の領域をファッシ […]