近年、カーボンニュートラルや、脱炭素社会実現への意識が高まっている。2021年3月19日に、内閣府が公開した「気候変動に関わる世論調査」では、“「脱炭素社会」の実現に向け、一人一人が二酸化炭素などの排出を減らす取組につい […]
まだ食べられる食品が捨てられてしまう食品ロス。2020年の生活者意識調査では、「コロナ禍で社会と自分の暮らしがつながっていると実感した」ことで、人々のサステナビリティ意識が高まっていることが明らかになっている。一人ひとり […]
輸送におけるCO2の削減や食品ロス削減、顧客満足度の向上、地域とのつながりの強化などさまざまな効果が期待できる「地産地消」の取り組み。最近では、多くのホテルやレストランで地産地消の食材の採用やメニュー開発がはじまっている […]
近年、食のサステナビリティの現状が問題視されている。自然と土壌を犠牲にして大量の作物を生産し、大量のエネルギーを使って輸送し、大量に消費・廃棄することで、人間の健康と気候危機に悪影響を及ぼしている。 こうした従来の食のシ […]
重要な産業のひとつである水産養殖。現在、漁獲による水産資源量の減少が始まっているにもかかわらず、そのニーズは急速に伸びている。世界では一人当たりの食用魚介類の消費量が過去半世紀で約2倍に増加し、近年においてもそのペースは […]
持続可能な開発目標であるSDGsの取り組みの推進とともに、サステナビリティの重要性が多くの飲食店やレストランでも認識されはじめている。なかでも、国内の地域で生産された農林水産物を、生産された地域内で消費する取り組みである […]
近年、世間の環境問題への関心が高まっている。マーケティングサーチを行う株式会社インテージが実施したSDGsに関する調査によると、SDGs認知者の約53%が「SDGsに取組む企業を応援したい」、約45%が「SDGs関連商品 […]