About the Project

Goal – 目標

私たちのつくった食器を、より長く使ってもらう。

Why – 目的

食器が割れて使えなくなったり、デザインに飽きて買い替えたりする必要をなくすことで、原料とゴミを減らし、環境負荷低減に貢献していきたいと考えています。

How – 取り組み内容

陶磁器は靭性(エネルギ-を吸収する力、粘り強さ)が無い素材なので、落としてしまうと、どうしても割れたり欠けたりしてしまいます。そこで、その欠点を補えるるような食器をつくり、お客さまにより長く愛用していただきたいと取り組んでいます。
また、ニッコーは100年以上食器づくりを続けており、これまでに非常に多くの商品をつくってきました。2020年からはサステナブルな視点から、それらの商品を今一度見直し、その中から「一生使っていただける商品」を厳選し、お客さまへ提案していきます。

Challenges – 課題

  • 素材や形状などの様々な切り口から、長く使える食器を開発する
  • 飽きの来ない、一生使い続けることのできるデザインの探求

Progress – 進捗

REMASTERED

商品選定

2020年9月~ 既存アイテムからの外部デザイナーによる食器選定、ラインナップの検討

開発スタート

2020年11月~ 現代のBtoB・BtoCに合わせたサイズ感をチューニングした新型開発、復刻アイテムの再生産の検討

サンプルUP

2021年3月現在 オリジナルバックスタンプにてサンプル作成中

販売予定

2021年5月~

割れにくいプレート

企画開始

2020年11月~ 他社製の食器等を参考事例に企画検討を進める

デザイン検討

2021年2月~ ラインナップ及びデザインの方向性を検討中

Voice – 担当者の声

製品開発部 小栗さん

これまではメーカーとして、「今売れているもの」「今後売れそうなもの」という視点で商品を開発し、売り上げを伸ばそうとしてきましたが、「一生使っていただけるもの」という視点で商品を開発したほうが、今まで以上にお客さまに、ニッコーの商品を受け入れられていただけるのではないかという気がしています。より良くより長くご愛好いただける商品を開発していきたいと思っていますので、ニッコーの商品を末永くかわいがっていただけたらと思います。

Partnership

NIKKOでは、NIKKO Circular Labの活動理念に共感いただき、ともに食器の循環サイクルの構築、サステナビリティの向上に取り組んでいただける共創パートナーを探しています。興味をお持ちの企業様はぜひお気軽にご連絡ください。

Date
Custom Field
Category