フードダイバーシティとは

フードダイバーシティ(Food Diversity)とは、直訳すると「食の多様性」。一般的に使われる意味としては、世界に存在する食文化や宗教などを背景とした特徴的な食生活や料理が多様に存在することを指す。近年では宗教や文化といった背景的な特性だけでなく、健康上の理由や思考に基づくものも含めて捉える傾向がある。
そういった食の多様な選択を尊重し、環境を整え対応することを「フードダイバーシティ対応」という。

注目される背景

日本においてフードダイバーシティが注目される背景には、在住者も含め訪日外国人の増加によるものが大きい。観光庁の2018年推計数値によると、コロナ禍以前に日本を訪れるベジタリアンやヴィーガンの外国人旅行者は年間145~190万人、その飲食費は450~600億円と推計されている。
にもかかわらず、ベジタリアン・ヴィーガンの外国人観光客を対象としたアンケート調査では、「日本の飲食店などの対応は不十分」という意見が多数集まった。飲食店側としては、一般的な基礎知識が不足しているが故に、対応方法がわからないというのが現状ではないだろうか。

アンケートで見られた意見の一部を抜粋する。

  • 「ネットでの情報発信や店舗内外での表示が少なく、飲食店がベジタリアン・ヴィーガンに対応しているかどうか分からない」
  • 「日本で食べたかった食べ物のベジタリアンオプションがなく、食べることを諦めた」
  • 「日本はベジタリアン・ヴィーガンに対応した飲食店等の数が少ない」
  •  
    (観光庁が実施した外国人ベジタリアン・ヴィーガンへのアンケート調査より引用)

    「食べられない、食べてはいけないもの」

    アレルギーや宗教上のタブーなどの理由上、「食べられない、食べてはいけないもの」がある人がいることを理解しておきたい。

    アレルギー

    日本では、「そば」で知られることの多い食物アレルギー。それを口にするとアレルギー症状を引き起こすなど、健康上の理由で食べられないもの。蕁麻疹が発生したり呼吸困難になったり、アレルギー症状や重症度合いはそれぞれで、最悪の場合は命にかかわることもある。

    消費者庁による食物アレルギー報告書(令和3年度)によると、アレルギーの原因となる食物としては卵、牛乳、アーモンドやピスタチオなどの木の実類、小麦、ピーナッツの上位5種類が8割以上を占めた。その後には、魚卵、果実類、甲殻類、魚類、大豆、そばが続いている。

    また、アレルギーのなかでも重い症状を引き起こしやすい、また症例数が多い7品目(卵・乳・小麦・そば・ピーナッツ・えび・かに)を「特定原材料」と定め、食品表示法に基づき表示が義務付けられている。それら以外にも準ずるものを推奨21品目として定めている。

    宗教上のタブー

    日本で一般的ではないからこそ、理解し尊重する必要があるのが宗教上の信仰により食べることを忌避しているもの。食べることで健康上の影響は見られないものの、飲食店側とのトラブルを引き起こす可能性が高く、特に注意したい。

    観光庁が作成した対応マニュアルより、一例を引用する。

      イスラム教
      豚、アルコール、血液、宗教上の適切な処理が施されていない肉、うなぎ、イカ、タコ、貝類、漬け物などの発酵食品 
      ユダヤ教
      豚、アルコール、血液、宗教上の適切な処理が施されていない肉、うなぎ、イカ、タコ、貝類、漬け物などの発酵食品
      ヒンドゥー教
      肉全般、牛、豚、魚介類全般、卵、生もの、五葷(ごくん:ニンニク、 ニラ、ラッキョウ、玉ねぎ、アサツキ)

    また敬虔な一部の仏教徒ではニンニク、ニラ、らっきょう、玉ねぎ、アサツキなど香りの強い五葷を避けるものもある。特に和食のダシに使われる鰹節や、豚肉や牛肉のエキスなど、形状を保っていないわずかな混入にも気を付けたい。

    また食生活、嗜好としては環境問題やアニマルウェルフェアへの配慮からヴィーガン、ベジタリアンとなる人も少なくない。こういった食の選択肢も日本にはまだ少ないのが現状だ。

    フードダイバーシティ対応のポイント

    フードダイバーシティ対応とは、様々な制限に配慮した多様なメニューを開発・提供することで、外国人観光客の食の選択肢を広げようとする取り組みを指す。

    幅広い視野や知識が必要となるため、手間や時間もかかり、飲食店にとっては負担ともいえるフードダイバーシティ対応。ただ難しく考え過ぎず、日本へ来たからには本場の日本食を食べたいと考えている訪日観光客をもてなす気持ちを忘れなければ、顧客満足度の向上につながるはずだ。

    最後に、ムスリム向け情報サイトの運営を行う「フードダイバーシティ株式会社」代表取締役、守護彰浩氏の「違いではなく共通点をみる」という言葉を紹介したい。それぞれの食生活の人が共通して食べるものから、食を考えるという考え方だ。確かにその視点から見ることで食への可能性は広がるだろう。

    今後のインバウンド市場への対応としてももちろんだが、実際に国内でも食の多様化は進んでいる。飲食店に対しても、「より自由な食の選択肢」を期待する人が増えることになりそうだ。

    【参照サイト】日本政府観光局:ハラールやヴィーガンなど。食の多様性をインバウンドの強みに(前編)
    【参照サイト】環境庁:ベジタリアン・ヴィーガンの旅行者をおもてなし!~「飲食店等における外国人ベジタリアン・ヴィーガン対応ガイド」を作成しました~
    【参照サイト】消費者庁:食物アレルギーに関連する食品表示に関する調査研究事業 報告書
    【参照サイト】国土交通省:多様な食文化・食習慣を有する外国人客への対応マニュアル